急に結婚式に行けなくなった時の失礼のないマナー

結婚式に急に行けなくなってしまった!そんな時の失礼のないマナーとは?

ドタキャンする時の失礼のないマナーとアフターケアとは?

友人や知り合いの人生に一度の晴れ舞台、もちろんできればその瞬間をこの目で見ておきたいものです。しかしながら、突然入った仕事や体調不良などで、止むを得ず欠席しなければならなくなったということ、残念ながらもあるでしょう。

前日まで行ける予定だったのに当日になって急に行けなくなってしまった!という方も中にはいるはずです。

来るはずの席が空白になってしまう・・・ただでさえ迷惑をかけてしまう行為なのに非常識な振る舞いで更なる迷惑をかけてしまうことは避けましょう。

もしも急に結婚式に参加できない事態が発生したとしても正しいマナーで対処し、主催者側の友人や知り合いとの関係を傷つけることなく回避でしたいものです。
しかし止むを得ない事態、慌てることなく正しいマナーでお断りできたらいいですよね。

結婚式に参加できないとわかった時、または当日急にどうしてもいけなくなってしまった時、どのような行動をとるのが正しいのでしょうか。またどのような伝え方が良いのでしょうか。このサイトでは結婚式の急な不参加の際のマナーについてわかりやすく説明していきたいと思います。また、結婚式に急に行けなくなり、断った後の「アフターケア」も大切です。

結婚式に出席しようと思っていたのにどうしても行けないとうことは、出来るだけ避けたいですが、もしそうなっても何が起こるかわかりませんので、仕方のないことです。その時に大切なのはどのようなマナーがあるのか知り失礼なく対応することです。

このサイトを読んでいざという時に備えていきましょう!またドタキャンしなければならい状況の方がいて今困っている!という方がいれば参考になればと思います。

TOPへ戻る